不用品回収におけるトラブルの具体例

不用品回収の手段も今では増えてきました。
自治体サービスももちろん活用できますし、民間業者に置いても様々なスタンスのところが増えてきています。

便利さが充実したという一方で、残念ではありますがトラブルが生まれてしまうというケースも。
自治体においても業者においてもトラブルゼロを目指しているかと思うのですが中々難しいものです。
では、どのようなトラブルがあるのでしょうか。

民間業者において一番多いのが「料金トラブル」です。
無料だといわれたのに実際に不用品回収をしてもらったら高額料金を請求された。
査定をしてもらったのに納得できない料金請求をされたなどという実害もあるのです。
認識の違いという事もあるかもしれませんが、悪質な業者が意図的に行っているというケースも実際に報告されています。
詐欺的行為に遭ってしまったという場合は生活センターや警察・弁護士等に相談をすると良いでしょう。
役所の相談センターなどでも対応してくれる地域もあります。

次に不用品回収の前に品目が消えるという場合。
こちらにおいては自治体サービスに多く見られる事例です。
ゴミ捨て場に出したはずがイザ回収となったら品目が見当たらないと電話がかかってたなどというケースも。
まだまだ使える・欲しいと第三者から見ると感じるものもあることから「持ち逃げ行為」があるようです。
これは立派な犯罪ですが、指定時間に出す・前日などに出さないという予防策もありますから気をつけるようにしましょう。

他には、業者側の不法投棄の問題・個人情報流出という問題もあります。

これら実害を知っておくと、より賢いサービス選択や安心できる民間業者選びに一役買ってくれると思いますので認識をしておいて損は無いでしょう。
実際に国からも注意喚起を促す文章が公式ホームページにアップロードされていますので一読しておくのもオススメです。

査定をしっかりと行い同意書などを取り交わすことや、自治体のルールに乗っ取って利用をすること。
更には持込をするという事も視野にいれる・配送サービスを利用するなどとその予防策も多いかと思いますので同時に取り入れることも考えると良いでしょう。

取締りが厳しくなっていることもあり、実害は減りつつありますがまだまだ存在をしているので1人1人が注意をするようにしてください。
安心な業者選びのポイントなどはパーフェクトクリーンや情報サイトなどに記述されている場合もありますから参考にしてみましょう。

新着情報

◆2015/01/15
不用品回収におけるトラブルの具体例の情報を更新しました。
◆2015/01/15
配送で不用品回収の情報を更新しました。
◆2015/01/15
上手に選択して利用しようの情報を更新しました。
◆2015/01/15
巡回型・ポスティング型の情報を更新しました。
◆2015/01/15
自治体に持ち込む場合の情報を更新しました。